少林寺拳法の教え なるほど解る金剛禅
教えの背景
to Home

目次

はじめに 2008.4.26 更新
少林寺拳法創立の動機と目的 2001.1.20
開祖の教え 2001.1.20
行としての少林寺拳法の特徴 2002.5.1 更新
修行の心得 2001.1.20
拳の三訓 2001.1.20
勝敗について 2001.1.20
どこでどう学ぶ? 2001.1.20
FAQ(質問箱) 2002.5.1 更新

はじめに

  少林寺拳法は、1947年(昭和22年)かつての敗戦による混乱の中で、「真の平和の達成は、慈悲心と勇気と正義感の強い人間を一人でも多く育てる以外にない」と確信した開祖 宗 道臣 により、人作りのための「行」として創始されました。開祖の心と技を継承し、2006年登録会員は150万人、世界31カ国に支部を置くまでに普及しています。

− 半ばは自己の幸せを、半ばは他人(ひと)の幸せを −
  これが自己確立、自他共栄を説く少林寺拳法の理念です。

  このホームページではこの開祖のすばらしい教えを一人でも多くの方にお伝えしたく、ここに少林寺拳法について、かつて開祖から大学拳法部員として本部合宿で私(筆者)がお伺いした講話や、拳法教範に書かれたことをベースに、その内容、特徴を紹介したいと思います。
以下の文責は私(作者)にあり、(財団法人)少林寺拳法連盟の公式主張ではありません。コメントご意見、大歓迎、こちらへどうぞ。


少林寺拳法創立の動機と目的

  第二次世界大戦の敗戦の結果、それまでの道徳規範や善とされてきたものが否定され、人々の心は荒んでいました。開祖は、大陸での混乱期に学んだ「すべては人にある」という実感から、この状態を脱するためには、人を教育すること、方向を見失っている若者を教育することが必要であると考えました。このため、若者を集めて教育を始めましたが、終戦の混乱期に座学で教育をしようにも、誰も耳を貸す者はいませんでした。

  そこで開祖は、大陸で修得した拳法の技の魅力で人を集めることを考えました。開祖は崇山少林寺の僧、文老師に教えを受け、崇山少林寺で義和門拳の法脈継承の印可を受けていたので、習い集めていた技を「少林寺拳法」として集大成し、これを教えることで若者を集めたのです。集まった人は、少林寺拳法の技の魅力に取りつかれると共に開祖の人間的魅力にも惹きつけられていきました。

  開祖は「少林寺拳法の技は、人寄せの餌だ」と仰っていました(正確には、何という言葉を使っておられたか忘れましたが)。技の魅力で集まってきた人に、教育を施し人材を育てようとしたのです。そしてこの運動は、開祖の尽力とそれを受け継ぐ 宗 由貴 総裁や後輩たちにより世界中に広がっています。

  少林寺拳法の目的は、人を殴り倒す技術を修得させることではなく、世の中を導く指導者を育てることにあります。


開祖の教え

  それではどういう人を育てようとしているのか?

  少林寺拳法の出発点は 「人、人、人、すべては人にある」です。単純過ぎて、申し訳ないようなことです。しかし、この世の中は一人一人の人が動かしているのです。制度や社会体制よりも、一人一人の人の考え・行いが大きな影響力を持ち、一人一人の考え・行いが社会を変えます。同じ役所の窓口でも、対応する人により全く違っていることは良く経験することでしょう。特に社会が混乱しているとき、低迷しているとき一人一人の人が重要性を増します。

  この人を重視する考え方は、社会体制や制度を重視する人から見ると、すべてを人に帰結してしまい、体制の問題や制度の矛盾から目を逸らさせるものだという非難できるものかとも思います。しかし、特定の制度(社会主義や××主義など)を実現しようという目標を掲げていないところが、少林寺拳法がこれだけ広く普及した理由の一つとも思います。

  世の中、社会を良い方向に変えていくためには、人を殴ったり蹴ったりする技に秀でた人間を育てるのではなく、人の模範となるリーダーを育てていくことが必要なのです。では、このリーダーとしてどんな人間であれと開祖は言っていたのでしょう。これを表す言葉に「半ばはわが身の幸せを、半ばは他人(ひと)の幸せを」というのがあります。これは少林寺拳法の歌の一節にもなっていますが、開祖の考えた人間像を良く表す言葉だと思います。この意味は、自分のことは半分位にして、あとの半分は他人のために分け与えよ、というようにも、自分のことを考えるのと同じ位相手のことも考えよ、とも言われますが、要は、我が身のことだけでなく相手のことも思いやれ、ということだと思います。これまた、単純すぎて、「何だそれは?」といいたくなるようなものですが、これをあらゆる場面で実践するのはとてもじゃないが難しいことで「単純=実践が簡単」というものではありません。

  この単純だが実践は難しいことを、きちんと実践できて、周囲に影響力を及ぼせる人間になろう。これを少林寺拳法の練習や講話を通じて教育していこうというのが少林寺拳法です。

  リーダーたれと言っていますが、必ずしも、政治家や官僚などになれといっている訳でも、「俺がリーダーだから皆ついて来い」と声高にいう人になれといっているわけでもありません。「半ばはわが身の幸せを、半ばは他人(ひと)の幸せを」という考えを持ち、これを他人に伝えることができるような影響力を持った人になろうといっているのです。こうしたリーダーになる方法は残念ながら説かれてはいません。しかし、古今「リーダーになる方法」などは存在せず、「こうやったらリーダーになれる」などと言っていないことは却って良いように思います。人と人との付き合いの輪を広げ、お互いに学びあうことで互いに影響しあい、生来の資質と結び合って影響力が大きくなっていくものだと思います。

 人と人とのネットワークが重要視される所以ですが、現在少林寺拳法連盟では50周年事業として、拳士のネットワーク化に取り組んでいるのは素晴らしいことだと思います。このホームページもそうした拳士の輪を作る一助になれば嬉しいと思い作っています。


行としての少林寺拳法の特徴

  少林寺拳法の教えの核心部分は上で述べたことに尽きると思っていますが、正式に(教範に)特徴として挙げられていることを以下に紹介します。

拳禅一如‥‥拳は肉体、禅は心を表します。肉体と心は不可分であり、肉体だけの鍛錬で真の人格が完成したり、精神だけの修行で真実の悟りが得られるものではなく、霊の住家である肉体を養いながら霊を修めようということです。

力愛不二‥‥「力無き愛は無力、愛無き力は暴力」ということです。・・・が、バランスが難しいですね。力無き愛より、愛無き力の方が困りものではありますが。。。。力と愛、理知と慈悲など相反する二つのものの調和した状態こそ人間生活の中心でなければならないというのが、少林寺拳法(金剛禅)の主張です。

守主攻従‥‥自分から戦いを仕掛けるのでなく、武の本義(戈(ほこ)を止(と)める)に従って、行動せよということ。後手必勝だとか、防御が攻撃に勝っていると主張している訳ではありません。敵を知らずに戦いを仕掛けたり、先に腹を立てて手を出すなどあってはならぬということ。拳を修める者の平常の心構えを訓えるための言葉です。

不殺活人‥‥武の本義である争いを止めることに少林寺拳法の技を用いるべきであり、いたずらに人を殺傷する目的に使用するべきでない、ということです。これはいうまでもないでしょう。「相手を殺さず、反対に活かす(厚生させる?)」というところまで主張している訳ではありません。

剛柔一体‥‥剛法、柔法に優劣はなく一体であるということ。ボクシングなんてタックルされたら終わり、あるいは、組む前に殴り倒されちゃうよ、だから両方できないとダメなんだと、主張しているわけではありません。剛柔は本来一体不二の存在であって別々には存在の意義がない、ということです。

組手主体‥‥日常の練習を相対演練(組手)を主として行うということ。基本練習としては、技の練習の約束事に従って、お互いに技を掛け合い練習をします。互いに相手の練習台にも先生にもなるということで、少林寺拳法が楽しい理由の一つだと思います。たとえば、柔法の逆技は、掛けられて初めて痛みが解ります。指導者に技を掛けてもらい正しい技の痛みを知り、次に生徒同士が組みになり練習をし、技を掛けられる(受ける)人は相手の技の正確さ(きちんと痛みを伝える方向に技を掛けているかどうか)を技を掛けている(攻める)人に伝えることで、正確な技の掛け方を教えることができます。従って、練習は真剣にやらなければ意味がありません、痛くもないのに倒れたりしていると、技を掛けている側は自分の技がいい加減なまま、それで良いのだと思いこんでしまいます。もちろんこうした技の不完全さはいつか指導員に矯正してもらう機会がありますが、速やかな上達のためには痛くもないのに倒れたりする馴れ合いは厳禁です。剛法の練習も同様です。よけなければ急所にあたる正確な突きや蹴りで攻めてもらい、これを受けて反撃することを反復練習し反射的に体が動くようにまで訓練を積み重ねて、初めて技が自分のものになります。このように技を掛けてもらうことと、相手に技を掛けること、この両方が一体となって初めて効率よく技を習得することができます。二人で組んで互いが相手の先生となり生徒となり尊重しあいながらの練習方法であり、開祖の教えを体現するものと言えます。


修行の心得

理を知ること
   技の原理を知り修行すれば、知らずに修行するより数段速く上達するものです。

数を掛けること
   「ローマは一日にして成らず」「根気と努力こそが凡人を非凡にする」

修行を片寄せぬこと
   技のみでなく心の修行にも努めること。剛法、柔法満遍なく、また右左も偏らず練習することが大切。往々にして好きなことばかり一生懸命やりがちです。

体力に応じて修行すること
   無理な修行は長続きしません。

永続して行うこと
   「継続は力なり」です。始めはだめでも続けていれば上達します。


拳の三訓
  古く中国から伝えられた三つの訓え、つまり「守・破・離(しゅ、は、り)」のこと。

‥‥師の教える通り、これを真似して自分のものとすること。
  初期の段階では「こうやった方が簡単だった」、「こうやってもうまくいった」といったことではなく、師に教えられた通りのやり方を身につけることが大切。始めから自己流では大成しない。

  会社でも、先輩上司に言われたことを無視したやり方をする者より、始めは言われた通りにして(出来て)、次のステップで自分はこういうように工夫してやりました、という者の方がはるかに有能なことが多い。まずは、師に言われた通りにやって、これを身に付けること。

‥‥教えられたことが身についたら、次のステップとして、自分なりの工夫を凝らすこと。
  自分の身体的特徴を技に活かしたり、理に叶う範囲で崩して自分のものにするということ。これがないと上達しません。

‥‥元の技とは離れているが元の技の法理に叶ってはいる技に発展させるということ。

  ところで教えてくれる人により教えるポイントや内容が異なることがあります。「守」の段階ではそんなとき、「一体誰の言うことを聞いたら良いのか?」、「どちらの言っていることが本当なのか?」と悩んでしまうことがあると思います。たいていの場合、どちらの言っていることも正しいのです。これは、例えば初心者が技Aを学んでいる時、BとCのポイントが掴めていないとします。ある指導者はBのポイントについて「こうしなさい」と言い、別の人はCの欠点が目について、「(Cを直すのに)こうしなさい」と言います。教えられる人は、どちらの言うことを聞いたらよいのか、と不安、不信に陥るところですが、こうした状況になったら、「こう言われたのですが」と言って指導者に聞きましょう。むやみに指導者不信に陥らないでください。


勝敗について

  少林寺拳法は単なる武道ではない、と教範では言っていますが、武道の側面をもっていることも確かです。このホームページもいろな検索エンジンにはジャンルは武道として登録しています。となると、強いのか弱いのか、といったことに興味が沸くところですが、少林寺拳法では勝敗にこだわった試合形式を正式には採っていません。まして他流試合は行いません。練習の一環としては乱捕りも行いますが、勝ち負けを決めるよりも技術の向上を目指して行っているのです。勝敗に拘ると、どうしても勝てば何をしても良い式になって、霊の修行には程遠いものに成り勝ちです。

  開祖は常に、人を倒す目的なら拳よりもピストルや銃が合理的であり、さらには爆弾やミサイルの前には徒手格闘術は意味がないと仰っていました。拳骨で人を倒す/制する技よりも、人に影響力を与え人の輪を通じて社会を動かしていく方がはるかに意味があるという少林寺拳法の狙いからは、殴る蹴るの勝敗に拘ることはナンセンスなのです。

  とはいえ、「力無き愛は無力」を地で行ってしまっては困ります。少林寺拳法の技は、比較的非力なものでも修練で「力」を獲得するレベルになれる合理性を持っていると思います。

  ところで最近、格闘技流行で、プロレス最強論が崩れたとか、グレーシー柔術が最強だとかいろいろ言われますが、「最強の××」といった格闘技は無いと思います。その格闘技が最強なのではなく、その人がそのルール(なんでもありなら、「なんでもあり」というルール)の元で最強なのであり、人を除外してどの格闘技が最強かという議論は成り立たないと私は思っています。従って、少林寺拳法が最強だなどというつもりは全くありません。しかし、技の合理性や面白さはずば抜けていると思いますし、実用にも役立つものだと思います。もちろん、実用の必要が無いに越したことはないのですが。


どこでどう学ぶ?

  少林寺拳法は、単に技の技術を学ぶだけでなく、開祖の考え方や優れた指導者や素晴らしい仲間と出会い、自分を成長させることができることに真の素晴らしさがあります。この意味で、良い指導者のいる支部や道院に入門することが大切です。このホームページで紹介している技の解説も、これを見て技を習得することは到底できません。きちんとした指導者にしっかり習いましょう。自己流はダメです。開祖が会得し伝えた技のコツを、道場で実地に指導を受け学んで初めて知ることができるのです。


  少林寺拳法を学ぶには、日本少林寺拳法連盟の支部道場(あるいは道院)に入門するのがもっとも一般的です。支部は、大学の運動部として、あるいは会社の内部の同好会組織(実業団少林寺拳法連盟の組織)、あるいは道院として全国各地にあります。海外にも支部はあります。

  大学の運動部は、その大学の学生を構成員としており、通常一般外部からの入門を受け付けていません。大学生なら自分の大学の少林寺拳法部に入るのがもっとも普通の道です。中・高校でも少林寺拳法部をもっている学校もあります。

  社会人や、なんらかの理由で自分の大学の部には行きたくない場合は、近くの支部道場あるいは道院に入門するのが良いでしょう。支部道場や道院は通常、年齢不問、男女不問で入門を受け付けてくれます。組手主体の練習を重視して考えればできるだけ、自分といろいろな意味で近い人がいる支部が良いでしょう。東京都の支部一覧をこのホームページに載せていますので、東京在住の方でやってみようかと言う人は、見てください。

  支部道場の長を支部長、道院の長を道院長と呼んでいます。支部長や道院長は総本山で指導員としての教育を受けた人間ですので、きちんとした指導をしてくれます。支部長や道院長の指導に疑問をもつこともあるやも知れませんが、そういうときは、ちょっと、自分を振り返って見ましょう。たとえば、自分がまだまだ「守」の段階であるのに、勝手に「破」や「離」に進んでしまって指導者不信になっていませんか?「いや、どう考えてもおかしい」というときは、別の支部なり道院に移りましょう。初めて会った指導者のために、素晴らしい少林寺拳法に悪印象を持つ必要はありません。

  良い指導者、素晴らしい仲間には必ず出会えます


FAQ(質問箱)

  少林寺拳法に関する皆さんに共通のご質問をQ&Aとしてまとめたいと思います。ご質問はこちらへお願いします。

以下は拳生会作者の個人見解に基づくものであり、少林寺拳法連盟の公式見解ではありません。

35歳はまだまだ現役、武道未経験でも少林寺拳法を始めることはできます。お近くの道場(支部)をお尋ねになることをお勧めいたします。ただし、道場によっては開祖の教えのことはあまり説明せず、技を教えることを専らとするというところもありますので、見学して雰囲気の良い支部を選んで入門なさることをお勧めします。指導員の良い支部は雰囲気が良く、武道経験が無い人の眼で見ても良し悪しは判ると思います。曜日によって指導員が替わるような道場では、複数曜日見学をしてから決めるとよいと思います。
支部によっては受け付けている支部もあるかと思いますが、一般的には、幼稚園では少々難しいかとも思います。理由は
(1)小学校の中〜高学年までは骨格が未発達であり、この時期に強い負荷が掛かることは、身体に有害であることが判っています。
少林寺拳法は過酷なトレーニングで身体をいじめることはしませんが、関節技や拳で相手を突くなどの技は何らかの負荷を掛けます。身体の関節が十分に固まっていない状態で、このような技の鍛錬をすることは益にはなりません。
(2)護身鍛錬の法でありますが、基本的に格闘技です。ある程度の精神年齢に達してから修得するべきもののように思います。
最近の子供はけんかをしない、ゆえに、殴られたこともなく、痛みを知らない、よって、平気で相手を傷つけしかもその限度を知らない、と言われます。この点から身体の痛みを知っておくことは良いかもしれませんが、相手を突く・蹴ることの意味、善悪が解る年齢になってから修得したほうが良いと思います。というか指導が大変難しく大人に教えるのと別の観点からの指導が必要ですので、、、
どの道院でも女子は入れます。「原則 女子お断り」というところはありません。道場により雰囲気や練習内容がかなり違いますので、ぜひ見学にいってみることをお勧めいたします。道院長の考え方によって、女性でもグローブを付けて実際に相手を突いたりすることを熱心に練習させる道院と、そうでもない道院など、いろいろあります。
これは道場にかなり依存しますが、基本的には
(1)少林寺拳法は誰がどんな目的で始めたか、その目指すところ、考え方などのお話を聞くこと。
(2)基礎体力をつけるためのトレーニングをすること。
(3)技の基本(単純な突きや蹴り)を反復練習し自分のものにすること。
(4)柔法などは相対(他の人と組み)になって抜き方、極め方などを修得すること。
(5)防具をつけて(あるいは付けないこともありますが)自由に突く、蹴るの練習をする。乱捕と呼んでいましたが、いまはこれを、剛法の運用練習と呼んでいるようです。
(6)剛法と柔法が組み合わさった演武の練習。

このうち(5)は、入門してすぐにやる意味は無いので、ある程度技術が身についてからやるのが普通でしょう。(6)は難しいですが、初心者には初心者向けの型の決まった演武がありますので、お互いの間合いなどの訓練にもなるので入門して数週間で簡単なものから始めると思います。
いずれにせよ、簡単なものから複雑なものへ、基本から進んで応用へ、教科の体系が合理的にできていますので、初心者でもスムースに入っていけるしくみになっているので、安心してください。

一般の支部では、小学生から壮年まで年齢層もばらばら、集まる時間も一応決まっていますが仕事の都合で遅れてきたりも頻繁ですから、みんなで一斉に時間を合わせて練習ルーチンをこなすことは少ないと思います。支部長の方針で、基礎体力作りに重きをおいたり、置かなかったり、あるいは、剛法の運用練習に熱心だったり、ほとんどやらなかったり、ずいぶん違いますのでもし入門するのであればどんな練習をしているのか見学してから決めることをお勧めします。
少林寺拳法を学ぶための費用は下記のような費用から構成されます。

(1)少林寺拳法を学ぶものとして本部に登録、管理してもらうための費用。最初の登録のための費用や昇級・昇段時の登録費用などその都度掛かる費用と毎月の本部会費のことです。

(2)練習場の維持管理費用
これは、個人で負担するものではありませんが、毎月の会費の中から経費として出金される場合がありますので、どのような場所を練習場所にしているかで、毎月の会費がかなり変わってきます。

(3)スポーツ障害保険などの費用
年に一度の負担とすることが多いですが、道場によっては保険に参加しないところもあると思います。当然この有無によっても会費が違ってきます。

(4)道場で主催する催し(合宿など)への参加費
基本的に自由参加だと思いますので、固定的に掛かる費用ではありませんが、毎月の会費に積立金を募っている道場もありますので、これによっても会費が違ってきます。

(5)稽古着(道着といいます)などの費用

といった費用が掛かりますが、特徴的なのは、この中に指導員への謝礼といった費目が無いことです。これは、開祖のお考えで、少林寺拳法を教えることを生活の糧にしてしまうと収入のために練習生におもねて少林寺拳法として教えるべきことを教えないなど堕落しかねない、ということに基づいています。従って、支部長は収入の道(自営業や会社勤めなど)を他に確保しているということが支部長になる必要条件になっています。このため、通常月々の費用を「月謝」とは呼ばず「会費」と呼んでいます。

そして、(1)の費用は一律ですので、道場により異なることはありません。
(2)の費用は練習場所として、冷暖房完備の有料民間施設を使っていたりするとある程度大きな割合を占めると思います。公共設備を借りて使っているような場合ですとこの費用負担は小さいと思います。
(3)の費用は、どのような保険かでこれも変わってくるかと思。
(5)は会費とは別に個人負担ですが、丈夫なものですから一度買えばずっと使えます。

ということで、(1)〜(4)が定期的に掛かる費用ですが、幅があるのですが、おおむね数千円(2〜7000円)程度だとお考えください。道場の事情がありますので、これを超える道場もあるかとは思います。

いづれにせよ、入門されるところで説明を受けることをお勧めします。

tsuki