icon OB会誌「拳生」 バック
ナンバー
to Home

拳生会の会誌「拳生」のバックナンバー。「拳生」に記載された記事から、主要記事・おもしろ記事をバックナンバーとしてネット上でご紹介します。

表題 掲載 内容
音楽会始末記 No.2(1969年) 創設期の少林寺拳法部の資金不足打破のため音楽会を開きチケット代金で財政再建を図る。苦労話いっぱい。
座談会「創立期を語る」 創刊号(1967年) 東大少林寺拳法部創立のころの経緯、苦労話など。

keri音楽会始末記
4期 木村
Back Next
第4期の運営上の課題は資金不足の打開、運動会加盟、武道部としての東大少林寺拳法部のあり方であった。

中でも資金不足の克服 -金もうけ−は、運営上のもっとも急迫した大問題であった。そこで部員総会等を経て、人海戦術を利しての撮影所の一日エキストラ、集団ヨイトマケ、集団セールス等が活発に論議されたが、具体的には何ら実現せず、他方、柔道部の100萬を超す寄附金、スキー部の謀デパート専属のバイトの話などを聞くにつけ、あせりがますす昂まったのであった。

ここに至って、何か適当な値段で、チケットでも売り出したらということになり、ダンスパーティーが誰しもの頭に浮んだことであったが、これは米田先輩のきつい達しもあって見送りとなりいよいよ何か金の卵をネタに、ひともうけしようということになったのである。

偶々、私の恩師(今や恩師と呼べる人も呼ばれる人もこれシアワセの極みかな!)の子息が桐朋音大に籍を置いていた関係から巌本真理弦楽四重奏団のマネ―ジを引受けている、音楽芸術協会の甘利俊郎氏に紹介していただける幸運を得た。紹介者がしっかりしていた為、氏との初対面の時よりすでに、話は決ったものとなり、契約書もとり交さず(今思えば、誠に温室的ではあった)ギャラ13萬ということで、事は始まったのである。

会場選定にしても6月にして12月の予定がすでに決定している所が大部分で、ようやく杉並公会堂を探しあて、(都心から不便だということで評判は良くなかった)その他、税務署、印刷等に、どれも初めての経験、汗のかくことばかりであった。


今思えば、チケットもチラシもおよそ「美的」からかけはなれた粗雑なものであり、よくもまあ広く全都にバラまいてしまったものよと、いわゆる未知、若さというものの素晴しさ!を思い知らざるを得ない。わずかに、秋本に成るポスターが、わりかし良い出来であった事がせめてもの華であった。

へマもやった。巌本真理弦楽四重奏団とすべきを巌本真理四重秦団と、美事に印刷されたチケットを完成し、世に出したあとで、甘利氏にきつく注意され、(よくある事だそうであるが、出演者とすればやはり感じは悪い)あげくのはては、チケットを配り始めた10月頃、よせば良いのに杉並公会堂の改造が行われ、座席列のいろは…が、ABC…となってしまった。これにはあわてた。当日のポスターを作製したり、詑び状を印刷したり。12月6日当日が近づくにつれて、長方形の小さな紙片を一枚何百円也で、いい気になって売りさばくこと自休そら恐しくなり、本当に出演者が当日当所で演奏してくれるのだろうかと本気で心配した。当日、出演者は、北海道を朝飛行機でたつという予定になっていた。
いろいろあったが、かくするうちに、12月6日もあっけなく終り、まずまずの盛会ということで、赤字が出ない程度に、必要経費をまかなえばと思っていた第一回の音楽会も、成功ということになり、純益27萬であった。 (ついでにいえば、この純益は、どこに出しても恥しくない使い方により翌年度の引継期にはきれいさっぱりと消えていた)

本年度は、まさかと思っていた、中村紘子女史によるリサイタルが具体化した。自分が中に入った関係上、契約締結まで、またまた首を突込む事となり、我ながら、恰もプローカー的リサイタル屋の感があった。

中村紘子女史のマネージを扱う新芸術家協会は、音楽芸術家協会とは異なり、会社組織にして、大規模かつ官僚的であつた。わけてもアタマにきたのは、中村女史が、使用するピアノがスタインウエイというメーカー製のみであることを知らせることなく、先づ会場を選定してもってこいといってきたことである。(すべて後で分ってカッカきたことはいうまでもない。)偶然、文京公会堂が、そうであったから良いようなもの、名のある施設はすべて年の始めからギッシリ予定の詰まっている今日この頃のこと、誠に冷汗もののスタートではあった。担当マネージャーにしても、話がもちあがってより、二転、三転し、12月21日に受けるとの最終的確約を得たのは、忘れもせぬ関東大会の当日、6月1日の5回目の電話において、所まさに、引継コンパ会場本郷いろは寿司においてであった。実に新芸術家協会に始めて顔を出してから、かれこれ一ケ月後の事てある。


出演者がうら若き、女性のせいか、今回のチケット、ビラ、ポスター、どれも素晴しく芸術的であった。三年部員は実にヒマにして美的な奴らが揃ったものだと感心した。

売れゆきも予想以上にものすごく風のうわさでは40萬からの純益があったと聞く。ぜひとも有意義かつ派手に消費してもらいたいものである。


<拳生会 No.2 1969年2月発行 より復刻>

keri


座談会「創立期を語る」 Back Next
出席者:滝田、北村、田中(以上1期)、三木(2期)

滝田 「今日下賀茂の有志合宿で、久しぶりに四人が顔を合わせたところで、部の創立期を中心に語り合うことにしよう。部の記録として残すという意味あいもあるので、年表を見ながら、順次、事実を確認しつつ、各人の思い出などを話してもらいたい。では37年11月に、同好会設立の呼ぴかけがあった時から話に入ろう。」

田中 「1期生の大半は駒場の構内に貼り出された「同好の士募る」のポスタを見て、少林寺拳法が、どんなものか、よくわからないまま、好奇心から集ってきたようだ。僕の場合、入学直後にサークルに入りそびれて、いつのまにか半年が週ぎ、何かやりだいと思づていた矢先だったので,聞きなれないが、面白そうな感じがしたので入ることにした。 「強くなりたい」という単純な動機も多分にあったが。」

北村 「俺の場合、関西出身ということで、近くに道院があったし、どんなものかはしっていた。入学してすぐ合気道に入ったが半年目の倦怠期だったのと(笑)、比較研究のつもりもあって入会した。駒場の内は二股かけてやっていたが、本部合宿をするうちに少林寺の魅カにひきこまれ、本郷仁行ってからはサプキャップテンになったこともあって少林寺一本でいくことにした。」

滝田 「会員募集に集まったのは発起人も入れて。20人だった。2人の話でも解るように集った方はひやかし半分の質のよくない連中だが(笑)集めた方もひどかったね。林、黒椅、安積、増田どいう理1のグループだったが彼ら全然少林寺拳法をやったことないんだ。岡林の友人で明大の拳法部員に誘われ、第一回の関東学生大会を見に行って、こりゃ素晴らしいいっちょ俺たちもやるか、というのが同好会設立の動機なんだから。」

北村 「ポスター見たら一人ぐらい知っている奴が出てくるだろうと言うんだからびっくりしたネ。」

田中 「それでも谷川がいたわけだが、彼も香川県の学生寮で入学後に拳法を始めたんで当時はまだ三級にすぎなかった。」

滝田 「結局、明大の練習に参加させてもらい、どんなものか知った上で、本部に行ってみようということで、その場は解散した。そして明治の冬合宿に出かけたのは翌38年の2月になってしまい会員も10人に半減した。」

田中 「当時明大で指導に当っていたのは創立者の山川さんに川瀬さん、宮本さん達で、この人らに3日間、基本の突蹴を教わったが、谷川以外は初めてという僕達を親切に指導して下さつた。」

北村 「明大少林寺拳法部には,その後も色々お世話になったが、当時は新興の意気に燃え、気迫のこもった練習ぶりが印象的だつた。
少林寺拳法がどんなものか、大体の輪郭が掴めたところで、少林寺拳法の本部へ行くことになった。参加者は8人と少数であったが、管長先生自から手をとって教えて下さつたし、中野先生は、俺たちが、夜押しかけていっても、いやな顔一つせず、納得のいくまで指導してくださった。だが、何よりも俺たちの心ひかれたものは管長の底知れぬ人間的魅力であり、この最初の出会いにおける感激が、本気になって少林寺をやろうという意気込みを皆に与えたといえるんじャないか。


滝田この管長の励ましの言葉を心の支えに練習場所も、指導者もないという、ないないづくしの状態ながら、僕たちのクラプはスタートしたわけだ。四月の新学期に、新入部員を募るほどの条件がととのっていなかったが、いつのまにか、三木、古川、西川、黒瀬、の4人がもぐり込んできた。」

keri

三木「僕の兄貴が、慶大と、農大で少林寺をやっていたので、夏合宿までしはらくの間、慶大の直樹兄貴に教えにきてもらった。当時は、構内の芝生の上で、草の汁をつけながら、ころがりまわったり、コンクリートの屋上で手足をすりむきながら、糠習するという毎日であったが、和気あいあい楽しみながらの練習であった。」

滝田 「6月には関東学生連盟が発足、浜二と僕とが連盟委員として出ることになった。連盟校は十校ほどで、どこも新興の部であったため意欲的であると共に、共通の問題点も多く、連盟での話合いは、お互の部活動にとって非常に参考になった。少林寺の精神からいえば当然だが、他のスポーツに見られる対抗意識は希薄で連帯感の方がはるかに強かった。」

三木 「僕の場合、八月の本部合宿で初めて管長先生に会ったわけだが、先輩方が先ほど言われたと同様の感銘を受けた。」

田中 「この合宿では費用を安くあげるため、善通寺の自衛隊で宿泊しながら本部へ通った。一応、体験入隊という形だつたが、かなり自由で起床・就寝と朝食・タ食を自衛隊のラッパに従って行っただけで、日中は殆ど少林寺で過した。僕は自衛隊の施設を利用することに疑問を持つた一人だが、一週間をそこで送り最終的には隊内の見学や、隊員との話し合いをもったことで、ある程度、自衛隊の現実の姿を知ることができた点で勉強になっに事もあつた。」

三木 「僕の印象に残っているものは、乃木さん以来というキソグサイズの便所と、蚊屋もなんのそのとばかり突撃してくる超特大の蚊でしたネ。

北村 「もう一つ特記すべきは、滝田発狂説まで出た彼のマラソンである。当時、多度津まで、琴電のチンチン電車で通つたんだが。彼だけ炎天下、往復十六キ口の道を駆け通したのには唖然とした。何であんなことをしたのか今もってわからない。

滝田 「別に理由はないが、あの合宿まで、どの人よりも憶えが悪い上、バテるのも人一倍というので、部でも小さくなっていたが、一念発起、皆をあつといのせてやろうと思ったまでのことだ。
ともかく最後まで走り通したことで非常に、白信がついた。」

田中 「この合宿は、得ることも多く、また非常に楽しいものだっだことで、成功のうちに終つたといえよう。だが、合宿後、8月一杯休み、9月は試験のため、練習なし、10月秋休みとブランクが続いた上、それまで、会の中心となつていだ黒崎が、全然、大学に顔を出さなくなってしまい、最初の危機が訪れた。
伝統のない悲しさといおうか、技術的にも、精神的にも、中心になって、ひっぱつでいく者もなく、自然消滅寸前にまで追いこまれてしまつた。だが、二度の本部合宿で、拳法の魅力にとりつかれた、滝田や北村、僕などが、なお続けていきたいとの希望を、強くもっていたので、他の会員にも呼びかけ、集まって、今後の方策を話し合った。その結果、苦しいけれど、なお一層、団結を固めて、やっていこうということになつた。そこで近々、初段をとろうというまでになっていた谷川を中心に岡林をマネージャとして、再出発することになった。」

北村 「同時に、新会員の募集と、第二回関東学生大会参加を決定した。秋の募集にもかかわらず、20人ほど入会し、人数が増えて、練習にも張が出て、練習場も、相変わらず戸外が多かったが、それでも序々に、体育館が使えるようになり、どうにか、クラプらしくなってきた。俺も張リ切つて後輩の指導に当ったが、なにしろ、まだ二級の悲しさ、彼らを満足させるものにほど遠く、卒業までやりとおす者を、殆んど出せなかつたのは残念だった。滝田も隣りの東海大の朝練習に参加させてもらい、放課後の練習に、皆に教えるという毎日で、皆が一丸となつて練習に励み、関東大会に備えた。

第二回関東大会には、初出場したが、この時は、谷川が初段になったばかり、二年生は二級、三木、古川は三級、他は見習拳士ということで、文字通リ出場することに意義があるといつだ状態であった。この大会には、組演武に、谷川、浜二と、黒崎、俺の2組、団体乱捕に、谷川、黒崎、田中、滝田、俺、個人乱捕に、日浦が出場、いずれも予選及ぴ一回戦で姿を消したものの、創立半年で、またこの陣容でよくやったといえよう。特に団体戦では、有段者をずらりと並べた東海大を相手に、田中、滝田が、堂々、一本をとっての引分けもあって、善戦したのである。」
滝田「ひきつづき、駒場の同窓会館で、冬合宿、翌年、39年3月、3度目の本部合宿で、北村、田甲、岡林と僕が初段をとり、谷川を加えて、どうにか翌年度への指導体制も整ってきた。」

三木「年表を見ると、初期の頃は、本部合宿をよくやったもですね。指導者に恵まれなかったこともあったが、37年度春合宿を皮切りに、38年度が、夏と春、39年度も、夏、春、40年度から、年一回になるまで、夏春2回というのは、大学の中でも、最も繁く本部へ行ったといえるんじゃないですか。」

田中「初の基礎固めの段階で、経済的には大変だったものの、少林寺拳法最高のものに接する機会を多くもったことは、今日の発展に通じる大きな要素じゃないかと思う。」

滝田「39年度は、部員も50名を数え、有段者も、日浦を加え6人。また、技術指導をしてくれる人を求めていたが、三木直樹さんの紹介て日体大の上田さんが来てくれるようになり、部の体制が急速に整つてきた。1期生は3年に進学、本郷へやつてきたが、ここでもやはり練習場がない。だが、自分たちの存在を認めてもらうために、一ケ月後に迫った五月祭に参加して、演武会を催すことを急処決定したo
そのためにも、まず、練習場が必要ということで、皆で四方さがしたが、なかなか適当な場所がない。七徳堂も、柔、剣道、空手、合気の四部が使つていて、入り込む余地はなかつた。そのため随分困つたが、やっとのことで、本富士署の道場を借りることができ、五月祭にこぎつげた。なお、当日は、関東学生連盟を通じ、各大学に頼んでおいた応援演武が、次々とかけつけてくれ、大成功のうちに終ることができた。」
北村 「この時ほど少林寺のよさというか、少林寺の拳士としての連帯感を感じたことはなかった。この五月祭をきっかけに色々のことがうまくいくようになったようだ。


滝田 「五月祭の準備のため、七徳堂の前で組演武の練習をしていた私たちに、興味をもたれたのか、話しかけてこられたのが、小林直樹先生で後に顧問になっていただき、先生の口ききがあり、他武道の好意もあって、週3回、タ方から七徳堂が使えるようになった。続いて、6月には、駒場の学友会に加入が認められ、予算もおりるようになり、部活動も、どうやら、軌道にのったようだ。」

田中「五月祭以後、部の中心であった谷川が、学業やその他の事情が重なり、全然、部に出られなくなったので、夏合宿で、部員総会にはかり、それまで実質的に指導の中心になっていた滝田を主将とし、北村が副将、僕がマネージャという体制で、以後一年間をやつていくことになった。滝田は合宿後も本部に残り、50日問の修業の後、二段を許され、以後、部のけん引車となって頑張った。」

滝田「翌年の夏合宿で、三木に主将を譲るまで、どうにかやっていけたのは、田甲、北村を初め、部員の諸君が、僕を主将として、よく立てて、協力してくれたこと、また、部内には「長上を敬い、後輩を侮ず」というが少林寺精神ともいうへき、和の精神が、一本貫かれていたからだと思う。さて、紙数にも制限があるので、残りは、三木にかけ足で語ってもらうことにしよう。

keri

三木「11月、駒場祭に初参加した。1、2年生主体で演武会をやったが、五月祭の経験があったので、どうにか無難にやってのけた。また、第3回関東大会に、フルエントリーし、僕が、有段者個人戦で三位入賞。12月、同窓会館で冬合宿。4月人部の新人も、この頃には、厳しいスケジュールについてくる体カが、ついて来た。40年3月本部合宿で、清田さんが中拳士となり以後、学内で、級試験ができようになった5月、五月祭、独力で演武会が開けるまでに成長した。なお、京大から応援演武が上京、以後、定期的に交歓することになった
7月、検見川の夏合宿で滝田さんから主将を譲りうけ、高橋が副将、山内がマネージャとなる。なお、滝田さんは、監督として、なお部の指導に当られることになった。僕たちの1年間は、後で山内が書くそうですから省きます。

滝田「創立期の記録を残すという目的のため大分、羅列的な座談会とあったが、どの出来事も各人それぞれの思い出があると思うが、それは2号以降の会報で順次書いてもらいたい。今日はどうもありがとう。

keri Back